Home

記事一覧

プロフィール

アルバム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Please follow me!


下のバーナーをクリックすると、
ブログのランキングが上がります!!
今日もポチっと応援よろしくお願いします。
毎日クリックしてくれた人、たまにクリックしてくれた人、
そうじゃない人も、みんなありがとうございました!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




世界一周:荷物の軽量化とオススメのアイテム


長期間の旅に出るときに、非常に悩むのが荷物。
あれもこれもって持っていくと、バックパックはすぐにパンパンになるし、
けど、持っていかないのは不安になるし。。。


約1年の旅で誰よりもバックパッキングについて考えてた自負がある。
その経験から、、、

独断と偏見によってパッキングについてだらだらと書く。
同じような荷物で行けば、LCCだって乗れるし、
全く違う種類の旅をする人でも、多少は参考になるかもしれない。



商品へのリンクもなければ、丁寧な説明もありません。
自分で調べて、自分で考えることが出来る人向けです。





■旅のスタイルと考え方

荷物を決める上で重要なのは旅のスタイル。
自分がどんな旅をしたいのか。
都市をメインにまわるのか、一眼レフで写真を撮りたいのか、
トレッキングによく行くのか、野宿はするのか。

旅で何がしたいのか、それによって荷物が決められると思う。
なんでもかんでもやりたいのなら荷物は重くなる。
なんもしないならビニール袋だけで旅はできる。

荷物
※30Lザックとサブバッグ(一眼レフ、レンズ、GoPro、PCを収納)

旅の前半は軽量化を意識し過ぎていて、やりたいことが出来ないもどかしさを感じた。
旅の後半は軽量化を意識しつつ、なんでもできる状態にするというのが目標だった。
結果、16㎏前後で一眼レフ+交換レンズ、GoPro、パソコン、テント泊装備を詰め込んだ。

考え方は

生活⇒旅 ではなく、

登山⇒旅


感覚的に普段の生活から旅に出ようとすると、どうしても荷物が多くなってしまう。
登山したことない人はパッとしないかもしれないけど、

旅の荷物は登山で必要な荷物と大差ない
登山の荷物+αで十分旅に出れる。

それだけでも軽量化につながる。


みんな重いバックパックを背負い、まず荷物を宿に預けることを考えていた気がする。
荷物が軽ければ、街を散策してから宿に行ったりと、旅の自由度が広がる。
パッキング










■持っていった荷物





漏れがあるかもしれないけど、だいたいこんな感じ。
今思うとまだまだ削れる。

重量は食料を除くすべての荷物。
洋服を着て、靴を履いてってのを考えれば、実際に背負う重量は1~2㎏くらい減るんじゃないかな。
後半戦はツエルト(簡易テント)と寝袋で、気温0度でも野営できる状態にした。





■バックパックの選択

一番重要なのはバックパックを選ぶということ。
バックパックは旅の間の家みたいなもの。
トレッキング
ネットでポチって買わずに、登山用品店に行って10㎏以上の重りを入れて背負い心地を確かめる。
重りを入れないと、どんなザックでも自分に合ってる気がする。

まだバックパックを持ってない人は、持っていく荷物が決まってから買うことをオススメ!



>>背負えるスーツケースは?
バックパックじゃないじゃんってことは抜きに、背負えるスーツケースはオススメしない。
問題として、倍以上の重量、タイヤが壊れる可能性ってのがあるけど、
背負うことは二の次で考えられてる。
同じ重量を背負うなら、間違いなくバックパックの方が軽く感じられると思う。
身体にも馴染まないし。

どうしてもそれじゃないとって考えがある人以外は手を出さないのがベター。


>>セキュリティが心配
バックパックでもセキュリティ対策は可能。
別ページにまとめた。
>>>世界一周:旅の防犯!盗難対策

正直、盗難とかで出来る対策ってのは限られてる。
貴重品は分散は基本
旅中に荷物を取られたりってことはなかった。



>>ULザックにすればええやん?
1.5kgとかのザックが4~500gになるのは非常に魅力的。
短期間の旅であれば、ULザックの効力を存分に発揮できると思う。

けど、長期の旅になれば耐久力の面が不安になる。
飛行機、バス、いろんなところでぶん投げられたりする。
もし、旅の途中で破断した時にリペアできるのか?
バックパックには軽さだけでなく、丈夫さも求められる。

日本をULザックで旅したときに、ふとした時にショルダーベルトが破断した。
長期の旅には素直に普通のバックパックをオススメする。
破断




>>バックパックの軽量化
脱フレームで軽量化!
普通のバックパックでも物によっては軽量化することができる。
フレーム

フレームを抜くことで、300g以上の軽量化ができた。
背面がぐにゃぐにゃになるけど、パッキングの仕方で背負い心地に問題はなくなるし、
LCCの機内持ち込み時に、ベルトの調整で小さく丸めてサイズ内に収めることが出来る。
これは45Lザックだけど、なにも言われることなく機内持ち込みできた。

最近売ってるバックパックは丈夫でフレームなくて軽いやつが出てる。



■サブバッグ

自分は一眼レフとPCを運べるバッグを買った。
>>>一眼とPCが入るショルダーバッグ

サブバッグは一番出番が多いから、目的に合ったものをしっかり選んだ方がいい。
LCCに乗るときに、サブバックの重量を計測しないパターンがあるから、
サブバッグを少し大きめにするとうまく荷物を分散することができる。



■靴とサンダル

>>トレランシューズがベスト!
靴については、圧倒的にトレランシューズをおすすめする。
トレランシューズっていうのは、山道を走ることを目的に作られた靴で、
他に選択肢があるのか?というくらい旅に向いている。
街をよく歩きますって人も、山に登りますって人もこれ1足で問題ない。

スニーカー、ランニングシューズだと耐久性が不安。

登山靴(トレッキングシューズ)だと両足で1㎏ほどの重量。
トレランシューズの倍近い重量になる。
硬いソールは街歩きには不向きでもある。


エベレスト街道3週間、スペイン巡礼900km、パイネ・フィッツロイトレッキング、
たくさん歩いて最後の方は破けてきたけど、問題なく走破できた。
トレランシューズ
※巡礼後の靴 愛着が湧き過ぎて、未だに捨てられないでいる。


>>スポーツサンダルは走れる!
サンダルはTevaのスポーツサンダル。
keenは乾きにくいので却下。
当時はTevaが一番軽くて安くてよかったけど、今はいろんなメーカーが同じようなの出してるから、そっちでもいいかも。
東南アジアではほぼ毎日履いていた。
使わないときはカバンにカラビナで引っかけておく。

問題点として、
・1~2ヶ月ほど使ったら、ソールが剥がれ始めた。(接着剤で固定)
・Teva焼けする。笑
日焼け

ビーサンやクロックスでもいいかもしれないけど、スポーツサンダルはなにかあった時に走れる。
>>>野犬に追われてワットアルン 【12日目】
>>>トレランシューズとスポーツサンダル


■衣服

>>肌着
持って行ってよかったのが、mont-bellのジオライン クールメッシュ系。
Tシャツ、パンツ、タイツ全部そろえた。

軽いのはもちろん、、、制菌効果がある!

繊維に練りこんだ銀イオンがにおいの元となるバクテリアを時間とともに減少させます。
強力な防臭効果は半永久的に持続します。
※mont-bellより


いやいや、嘘だろ!?
そう思って、エベレストトレッキングで約2週間、風呂に入らず入れず、
同じ服を着続けてみたところ、、、


全く臭わなかった!!
正確には臭くなかっただけで、いつもと違うニオイはある。笑
新しいクールメッシュのTシャツは薄くなってて、乳首がすけるから、完全に肌着用。


>>登山用
他の服もほとんどが登山用。
軽いし、すぐ乾くし、間違いない。
ハーフパンツは勝手に水陸両用で使ってた。
ポケットにチャックが付いてるから防犯的にも少し安心。

Tシャツもパンツも3枚あれば余裕で回せる。


>>レインウェア
レインウェアは必須。
GORE-TEXにこだわる必要はない。
結局1年くらい着続けてたら、GOREだろうがなんだろうがメンテしないと染みてくる。


>>防寒着
ユニクロのULダウンがベターな選択。
ほとんどの旅人が持ってる。
当初、ダウンベストを使っていたけど、野宿の時に腕がめっちゃ寒かった。
重量もそれほど変わらないので、長袖がいい。
自分はネパールでMountain Hardwearの軽量ダウン(偽物)を2500円ほどで入手した。
ダウンは収納袋がなくても、ポケットをひっくり返して丸く収めることが出来る。(若干の軽量化)



■役に立つ道具

>>ダブルクリップ
マネークリップはダブルクリップで代用。
ダブルクリップは洗濯ばさみのかわりにもなるし、何かと使える。
「ダブルクリップ 使い方」で調べるといろんな活用法が出てくる。 ダブルクリップ


>>ドライサックで防水と洗濯
トレッキングや巡礼など雨の中長時間歩く必要がある場合、レインカバーではバックパックの防水はできない。
必ずと言っていいほど、背中を伝って雨水がバックパックの中に入る。

PCの防水に15Lのドライサック。
カメラの防水に7Lのドライサック。
ドライサック
ドライサックに水と洗剤を入れ、洗濯物をぶち込みばしゃばしゃ洗っていた。
ビニール袋でもよく洗濯していたけど、すぐに破ける。

洗濯に特化したイボイボのついたドライサックでスクラバウォッシュというものがあるけど、
値段も重量が3倍くらいするし、かさばるからオススメしない。
イボイボなんてなくても普通に汚れは落ちる。


>>洗濯紐
持っていかない人もいる洗濯紐。
洗濯と移動を繰り返す長期の旅にはあった方がいい。
だけど、100均のはダメ。
すぐほつれるし、重いし、滑るし、かさばる。

オススメは登山用品店に売ってる2mmの張り綱を4m(約10g)
強度は申し分ないし、アイデア次第でいろいろ応用できる。
靴ひも、チャックの紐、ウォレットチェーンなどなど。
ダブルクリップを洗濯ばさみとして併用していた。
1m 60円~150円ほど。
洗濯


>>浄水器で安全と節約
ソーヤーミニがガチでオススメ
全ての旅人が持っていていいと思う!
出会った旅人でこれを持っていたのは世界中のトレイルを旅していた宇部さんくらい。
ソーヤーミニ
毎日必要になる水。
いくら安くても、長期の旅だと結構な金額になる。
ソーヤーミニは3500円くらいで、3週間のエベレストトレッキング用に購入し、余裕で元が取れた。
以後、ペットボトルがぼろぼろになるまで3ヶ月ほど水を購入しなかった。
一体いくら水代が浮いたのかわからない。

本体のみ54g、掃除用の注射器を含めても100g未満。
インドのトイレの水やガンジス川を飲む日本人を見てきたけど、そんな強靭な人間はまれ。笑
これがあれば、飲めない地域の水道水でも飲めるようになる。
1年くらいなら掃除しなくても本体のみで問題なさそう。



>>バスタオルは不要
バスタオルのかわりに速乾タオル(PackTwol Personal L)を持っていてったけど、後半は全く使わなかった。
手ぬぐい最強。
絞れば何度でも拭けるし、乾くのは早いし、文句なしに軽い。
日本の素晴らしい文化の一つ!
耐久性に不安があるから、2枚ほど持っていけば十分。
100均のはすぐにダメになるかも。



>>ポータブルHDD
ポータブルHDDは薄くて軽いやつがいいと思う。
HDDが壊れる主な原因は使用中の衝撃。
パッキング上手にやれば移動中にHDDが壊れることなんてない。
重くてデカい耐衝撃のHDDを買うより、薄くて軽いHDDがベスト。
自分は玄人志向というメーカーのHDDケース(GW2.5US-SU3)に自分が持っていたHDDを入れて使ってた。
重量は、ケーブル類込で165g
念のため、写真の管理はFlickr(1TBまで無料)とHDDの二刀流。



>>その他
タコ足は1mあればなんとかなる。
自分は3つ口のタコ足1m+PCの充電ケーブルで更に距離をかせいでたから困ることはなかった。


ジップロックは予備を含め、何枚か持っていく。
モバイルバッテリーなどの小物家電を入れていた。
似たような商品じゃなく、本家がベスト。


カラビナは物をバックパックにぶら下げたり、引っかけたりできるからあると便利。
スリ対策でサブバッグの南京錠ロックの代わりに、カラビナで代用していた。


シャンプーはちゃんとしたいタイプだったので、詰め替え用のボトルを買いって持っていった。
リンスはなくても、髪質が変わったりすることはなかった。
石鹸1つで洗濯からシャンプーまでやる人もいる。
大きいサイズが多いけど、現地入手もできる。


洗剤は現地で粉洗剤を買って、ペットボトルに詰め替えていた。
何度か国境で覚せい剤と勘違いされた。笑





■野営編

夏前の北欧で野宿、冬の巡礼でキャンプ、パタゴニアでキャンプした経験から必要なもの。

>>シーツ
旅全般でかなり活躍したのが、モンベルのキャンプシーツ(242g)。
持ってる服を着こんで3度くらいに気温の落ちる7月のノルウェー野宿をギリギリ耐えた。
キャンプシーツ
あんまり出会わなかったけど、シーツで別料金が必要な宿でも役に立った。
アマゾンのジャングルでは虫から身を守ってくれた。

野宿の予定がなければ、なくてもいい



>>テント泊の装備
・finetrack ツエルト2ロング
・グラウンドシート SOL Emergency Blanket
・山と道 Minimalist Pad
・スペインで買った11€のマットレス
・寝袋mont-bell SSダウンロング#5
・シュラフカバー&ブーストとしてSOL Escape Bivvy
ツエルト
この装備で0℃くらいまで耐えられる。
底割れだから雨が降った時はなかなか苦戦した。
それに虫が嫌いだから洗濯ネット的なものを切って、ダブルクリップで出入り口に固定していた。
ただ、1~2㎏近くするテントを持たずに、500g程度でキャンプできるのはかなりの利点。


>>ライターはbic
bicのライターはコンビニで買える普通の100円ライターだけど、
カラパタール山頂の標高5545m、マイナス16℃の環境下で火がついた。
bicにこだわらなくても、ライターは電子式ではなく、フリント式がベスト。
飛行機どころか、空港に入るだけでライターを没収されることがあるから、安物でいい。










■まとめ

だらだらと書いてきたけど、まだまだ改善の余地はありそう。
当たり前だけど、知識の重さは0
知識があれば、これは必要ないってものが増える。


>>兼ねられる道具を選ぶ
この道具があれば、これとあれができる。と
1つの道具が何役になるかを考える。
できることが1つに特化してる場合は、本当に必要か考えるべき。


>>最大の軽量化はお金
これを言ってしまうとあれなんだけど、
必要かどうか迷ったときに、金があれば荷物を持っていかないという選択ができる。
必要になったら現地で買うなりレンタルするなりできる。



以上!そんな感じです!

Please follow me!


下のバーナーをクリックすると、
ブログのランキングが上がります!!
今日もポチっと応援よろしくお願いします。
毎日クリックしてくれた人、たまにクリックしてくれた人、
そうじゃない人も、みんなありがとうございました!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




コメント

No title

ありまさん、お帰りなさい!ご無事での生還、おめでとうございます!
帰ってからの費用や、持ち物や、防犯対策。
じっくり、ゆっくり読ませていただきました。(用具ひとつづつググって見てます)
とても勉強になりました。ありがとうございます。それにしても、持ち物の一つ一つ計量され、お金の管理も完璧。きちんとした形でアップされているので本当に驚きました。すべてが参考になります。旅先での過酷な、無謀な?ブログの陰にこのような几帳面な一面があるとは・・・・!さらに持ち物にこだわりを持ってしっかり準備をなさっているのに驚きました。私はケチなので準備は家にあるものでいいや~!なんて思っておりましたが、やっぱりきちんとしたもので準備をした方が安全ですね~。旅が終わってもブログアップしてくださいね~。それから、「アリマにひと踏み!」あれ少し前から、終わっちゃったのね・・・!残念!これから旅する人や旅途中の人にも参考になるので、復活されたらいかがでしょうか?
とにかくお礼を言いたくてメッセージおくらせていただきました。

Re: No title


ただいまです!
お礼を言うのは自分の方です。
応援ありがとうございました。
ブログやめようかと悩んだらした時、励みになりました。

いろいろまとめましたが、
5割くらい伝わればいいなって感じです。笑
帰国してから以外と時間が作れなくて、急いで書き上げたので。。。
道具にはこだわりを持ってましたね。
旅に連れて行く相棒みたいなもんですから。
じっくり時間をかけて考えたほうがいいです。

今後、ブログを更新するかは不明です。
というか、今のところするつもりはないです。笑
ランキングも旅が終わったので、スパッと終わりにしました。
残念と思ってくれてるのに申し訳ありません!
だらだら続けるのも性に合わないですし、大衆向けってわけでもないと思うので。
興味がある人は検索してこれるかなと。

そんな感じです。笑
ありがとうございました!



> ありまさん、お帰りなさい!ご無事での生還、おめでとうございます!
> 帰ってからの費用や、持ち物や、防犯対策。
> じっくり、ゆっくり読ませていただきました。(用具ひとつづつググって見てます)
> とても勉強になりました。ありがとうございます。それにしても、持ち物の一つ一つ計量され、お金の管理も完璧。きちんとした形でアップされているので本当に驚きました。すべてが参考になります。旅先での過酷な、無謀な?ブログの陰にこのような几帳面な一面があるとは・・・・!さらに持ち物にこだわりを持ってしっかり準備をなさっているのに驚きました。私はケチなので準備は家にあるものでいいや~!なんて思っておりましたが、やっぱりきちんとしたもので準備をした方が安全ですね~。旅が終わってもブログアップしてくださいね~。それから、「アリマにひと踏み!」あれ少し前から、終わっちゃったのね・・・!残念!これから旅する人や旅途中の人にも参考になるので、復活されたらいかがでしょうか?
> とにかくお礼を言いたくてメッセージおくらせていただきました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アリマ@Arima_bkpk >詳細はクリック<

アリマ@Arima_bkpk
旅の共有とリアルで新鮮な情報を伝えたい。 グッとくきた情景にシャッターを切り、行きたい!楽しそう!って思ったことに挑戦する。

Facebook Twitter Instagram RSS にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ルートマップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。